2014年03月18日

3年ぶりの更新

3年ぶりの更新だーい。
この3年でクリアしたゲームを、一言感想付きで列挙していくよ。


『こいじばし』PC Raccoon 2004年8月13日
覚えてない。
伝奇だった気がする。


『世界ノ全テ』PC たまソフト 2002年4月26日
覚えてない。
90年代のドラマみたいな内容だった気がする。


『BLUE』 PC キャラメルBOX 2002年7月26日
覚えてない。
青春ものだった気がする。


『新世紀エヴァンゲリオン2』PSP バンダイ 2006年4月27日
アルファ・システムが作ったので、ガンパレードマーチにかなり近い、というかそのまんま。
良くも悪くもキャラゲー。


『サガフロンティア』PS スクウェア 1997年7月11日
レッド編と、エミリア編だけクリア。
アルカイザーは、WA2のナイトブレイザーとは違って変身することにデメリットがあるので、ここぞという時に変身する感じがヒーローぽくて良い。
エミリア編は覚えてない。コスプレするんだっけか。


『かまいたちの夜 特別篇』PS チュンソフト 1998年12月3日
クロス探偵物語を先にやってたので、犯人がすぐ分かった。
クロスには、かまいたちをオマージュした話がありますからね……


『MARIONETTE -糸使い-』PC キャリエール 2003年3月28日
能力者バトルもの。
頭脳戦なので、力がインフレすることもなく面白かったです。
ただ主人公が好きになれない。声はかっこいいですけどね。


『猫撫ディストーション』PC WHITESOFT 2011年2月25日
有名なパラドックスであるシュレーディンガーの猫を元にして、家族を描いている話。
ストーリーは、水月と同じくらい投げっぱなし。
とにかくギズモがかわいかった。


『ふしぎ電車』PC digi ANIME Corporation 2003年3月28日
とことん不条理。そして無限ループ。
不条理の名作である不思議の国のアリスと比べちゃうと、当然のことながら微妙。
おすすめはしない。


『euphoria』PC CLOCKUP 2011年6月24日
色んな映画の内容をごちゃまぜにした感じ。
ソウ、キューブ、バトロワ、インセプション、スパイ物……etc
話題になるだけあって、そこそこ面白かった。


『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』PSP スパイク 2010年11月25日
舞園さんかわいいよ舞園さん
最初の事件が一番おもしろかったかなあ。
黒幕は分からなかった、ちくしょう!


『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』PSP スパイク・チュンソフト 2012年7月26日
5番目の事件がすごく面白い。ダンガンロンパならではの事件って感じで、感動すら覚えた。
「どうせ犯人あいつだろ、簡単すぎ」と思ってたら、学級裁判で推理していくうちにまさに絶望した。
それ以外の話は可もなく不可もなく。


『古色迷宮輪舞曲 〜HISTOIRE DE DESTIN〜』PC Yatagarasu 2012年7月26日
ストーリーは突っ込みどころ満載だけど、そこそこ面白かった。
システムは微妙。
でも、システムとストーリーがリンクする感じは良い。


『時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線-』PC ユニゾンシフト:ブロッサム 2012年7月27日
序盤は画面演出が凝っていて楽しい。
中盤以降は、金と時間が無くなったのか演出もおざなりになってて微妙。
どんでん返しが面白かったので、続編もプレイする予定。


『星のカービィ スーパーデラックス』SFC 任天堂 1996年3月21日
さくっとクリアできた。
ほとんどヘルパー(NPC)任せでもクリアできるので、難易度は低い。
が、クリアは簡単だけど、やりこみ要素をすべてやろうとすると大変。
面倒くさいんで、やりこみはしない。


『スーパーマリオワールド』SFC 任天堂 1990年11月21日
これもさくっとクリア。
マントがバランスブレイカーなぐらい有能。ずっとマントで飛んでました。
ファイアなんて最後まで使わなかったよ。
ヨッシーも空を飛べる青以外使わなかったし、飛空能力強すぎ。



こんなもんかな。
他にもクリアしたものがあった気もするけど、覚えてない。
posted by エムテー at 05:34| プレイしたゲームまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

2010年にプレイしたゲーム

去年プレイしたゲームをまとめてみた。
適当な感想つき。


『ダブルキャスト』 SCE 1998年6月25日
真相を知ると、トリプルキャストなんじゃないかという疑問が湧く。


『季節を抱きしめて』 SCE 1998年7月23日
トモコに萌えられないと辛い。


『NAVIT』 アートディンク 1998/9/3(PS)
ひたすら地味だが結構面白い。
パズルゲームが好きな人向け。
http://www.artdink.co.jp/japanese/title/navit/hint_1.html#h3
↑ドライバーかわいそ(笑)


『アナザーマインド』 スクウェア 1998年11月12日
全体的な難易度は低いが、最終章だけ難易度が一気に跳ね上がる。
本名プレイ推奨らしい。


『Prismaticallization』 アークシステムワークス 1999年10月28日
屈指の拙僧キャラ、射場荘司が主人公のゲーム。
ゲーム開始時に天候がランダムで決まり、それによってイベント発生の有無が決まるため、難易度は高い。
そういや、謎のオブジェと涙石はちょっと似ている。


『クロス探偵物語』 ワークジャム 2000年9月28日(PS廉価版)
名作ということで、期待しまくりでプレイしたのがいけなかったのか、それほどでもなかった。
いや、充分面白いんだけどね。
第4話はいらないと思う。


『センチメンタルグラフティ』 NECインターチャネル 2001年3月29日(PS)
12股かけないとクリアできない仕様なのはどうかと思う。
ヒロインが方言を喋らないのも問題。大阪や京都が標準語なのはおかしいだろ、いくらなんでも。
まぁでもクソゲーってほどではないと思うりゅん。


『水月』 F&C 2002/04/26
道祖神に何か謎が隠されているのかと思いきや、何にもなかった(笑)
雪さんの人気が異常に高い。あと、わはー。
昨年末、誰かの願いが涙石によって叶えられたのか、『水月 弐』の制作が発表された。


『天使のしっぽ』 バンダイ 2003年2月27日
ルルたんらぉ。ルルたん、さむいのきらいらぉ。
さむいとぴきーんってなるぉ。ぴきーんらぉ。


『ている・ている』 CLOVER 2003/12/12
主人公が射場荘司なみに理屈屋。
しかし、消極的でも達観してもいないので、拙僧度は低い。
雰囲気は良いのだが、一本道なのが玉に瑕。


『がくと!』 銀時計 2006/03/17
結構楽しめた。
だがラストはドイヒー。


PS=8本 PC=3本
計11本
posted by エムテー at 22:16| プレイしたゲームまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。